コピ・ルアックが飲める店なら東京の【キュービック】!希少なコーヒー「コピ・ルアック」を手の届く値段で提供中~コピ・ルアックについて~

東京でコピ・ルアックが飲める店をお探しなら~希少なコーヒーを手の届く値段でご提供~

東京でコピ・ルアックが飲める店をお探しなら~希少なコーヒーを手の届く値段でご提供~

東京コピ・ルアック飲める店をお探しの際は、【キュービック】へご来店下さい。東急東横線の学芸大学駅より徒歩3分と、気軽にお越し頂けるお店です。

特殊な製造方法で有名なコーヒー「コピ・ルアック」を手の届きやすい値段で提供しております。希少で取り扱っている店舗も少ないため、気になる方は是非【キュービック】でお試し下さい。

コーヒーの他にも台湾茶など、海外の珍しい商品もございます。ソフトドリンクはもちろん、アルコールも多数ご用意しておりますので、カフェとしてもバーとしてもご利用頂けます。さらに、イベントスペースとしてもご提供可能です。パーティーやダンスレッスン、ワークショップなど、幅広い用途でご活用下さい。

コピ・ルアックとは~希少で高級なコーヒー~

コピ・ルアックとは~希少で高級なコーヒー~

コピ・ルアックは主にインドネシアの島々で生産されるコーヒー豆です。現地の言葉で「コピ」はコーヒー、「ルアック(ルアク)」はジャコウネコを意味しています。

その名の通り、ジャコウネコが生産に大きくかかわっているコーヒーであり、特殊な製造方法のため希少価値が高く、値段もとても高価です。

まず、コーヒーの木が栽培されている農園でジャコウネコが歩き回り、完熟したコーヒーチェリーだけを食べます。すると果肉だけが消化され、コーヒー豆の部分はそのまま排泄されたものを劣化しないうちに拾い集め、しっかりと洗浄します。

それを焙煎したものがコピ・ルアックと呼ばれるコーヒーになります。ジャコウネコの腸内の消化酵素でコーヒーに含まれるアミノ酸が分解、体内で約12時間も自然発酵される事により、独特な風味が生み出されます。

すっきりとした飲み口で酸味や苦味も少なく、まろやかで透き通った味わいが魅力です。【キュービック】では、インドネシアの生産者から直で取り引きした、素晴らしい品質と香りの良さを持つコピ・ルアックをご用意しております。

コピ・ルアックが東京で飲める【キュービック】

店舗名 キュービック Food×Drink×Gallery
住所 〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目18−21 ツインタウン学芸大2階
電話 03-6712-2319
URL http://project-cubic.tokyo